全日空で起きたハイジャック事件

「全日空61便ハイジャック事件」は1999年7月23日、羽田空港から新千歳空港に向かう全日空61便内で起こりました。 乗客503名に乗員14名が加わった全日空61便が離陸して間もなく、搭乗客である若い男性1名が客室乗務員に包丁を突き付けたことから始まります。脅された客室乗務員は男が言うままにコクピットへ連れていき、全日空61便はハイジャックされました。

機長が殺害される

機長が地上管制官に「ハイジャック発生」の緊急通報をした後、犯人は横須賀に向かうよう指示します。それからほどなくして犯人は、副操縦士にコックピットから出るよう命じました。 全日空61便が相模湾上空に入ったあたりで、犯人は「横田基地に向かえ」と指示します。さらに機長に対し、自分に航空機を操縦させるように迫りました。しかし機長は要求をのまず、犯人を説得しようと試みます。 そして努力もむなしく、機長は犯人に包丁で刺され亡くなってしまいました。

犯人・西沢裕司

「全日空61便ハイジャック事件」の犯人は、西沢裕司です。東京都出身の西沢は武蔵中学・高等学校に進学した後、一浪して一橋大学商学部に入学・卒業しました。 遊びより勉強を好む西沢は、子どものころから成績優秀で周囲の大人からは「いい子」と評されていました。友人らしい友人はおらず、社会性に乏しい電車や飛行機が好きな少年だったそうです。 大学に進学するころには航空機マニアとなっており、全国の様々な航路や機種に乗るようになり70回以上搭乗していました。