ノルマントン号事件の概要

1886年、横浜から神戸に向かっていたノルマントン号は航海中に暴風にみまわれ座礁、沈没しました。脱出したのはイギリス人やドイツ人だけで日本人らは発見されませんでした。見殺しにしたのは有色人種に対する差別だとして国民の怒りが沸騰しました。 船長のジョンウイリアムドレークは言葉が通じなくて避難が間に合わなかったと説明しますが、国民の非難の声は収まりませんでした。

1886年にイギリス船籍の貨物線・ノルマントン号が座礁沈没したことから始まる紛争事件

紀伊半島の熊野灘は江戸時代以降は関西の京都や大阪と江戸を結ぶ海上輸送の難所といわれ、海難事故が多発していました。日本では灯台を設置し頻発する事故に備えていました。 横浜港から神戸を目指していたノルマントン号は暴風雨に巻き込まれ、和歌山県樫野崎で座礁、沈没しました。 この事故でイギリス人とドイツ人はいち早く救助ボートに乗って脱出し、内3名が死亡しますがほぼ全員が救助されました。しかし、ノルマントン号に同乗していた日本人や中国人は取り残され全員が行方不明となったのです。

船長を含む25人は全員助かったが、日本人乗客の24名全員が死亡

この事故で不可解とされたのは、船長のジョンウイリアムドレークをはじめイギリス人やドイツ人の乗組員だけが救助ボートで脱出したことです。 船には日本人24人や中国人技師が乗っていましたが、そのまま船内に残されました。一方、船長たちが乗る救助ボートは須江浦の漁師らによってほぼ全員が救助されました。 日本人の水死体が発見されないことなどに疑問をもった人々が、船長らが脱出する前に日本人らを監禁していたのではないかという疑念を抱きます。