危惧とは

危惧とは

危惧とは(画像:Unsplash

「危惧」という言葉の正しい意味や使い方をあなたは理解できていますか。この言葉は普段の生活の中でも耳にすることがありますが、その分正しい意味を理解できていないと、話の内容が分からなくなってしまいます。 この記事では類語や英語表現なども紹介しいますが、まずは「危惧」の読み方や意味を理解しましょう。

危惧の読み方は「きぐ」

「危惧」は「きぐ」と読みます。それぞれの漢字は、「危」は音読みでは「キ」、訓読みでは「あぶない」「あやうい」「あやぶむ」と読みます。一方、「惧」は音読みでは「グ」「ク」、訓読みでは「おそれる」と読みます。 「危」は日常的にも使われる言葉ですが、「惧」を単体で使うことはあまりありません。「おそれる」という読み方を覚えておくことで、意味の理解もしやすくなるので覚えておきましょう。

危惧の意味は「うまくいかないと危ぶむこと」

「危惧」は「うまくいかないと危ぶむこと」という意味です。それぞれの漢字は「危」が「不安定であぶないこと」「不安に思いおびえること」という意味で、「惧」は「危険が訪れることを心配する」「危険な物事や人を避けようとする」という意味があります。 つまり「危険が訪れるのではないか、上手くいかないのではないかと心配して恐れを感じている」というのが「危惧」の意味の正しい理解です。

危惧の類語

危惧の類語

危惧の類語(画像:Unsplash

「危惧」は「将来の危機や不安を恐れている」という意味でした。「将来に対して」「不安を感じる」という意味が通じるかを考えながら使う必要があります。 次は「危惧」の類語表現を2つ紹介します。それぞれ、「危惧」とどんなニュアンスの違いがあるかを意識しながら読み進めてみて下さい。