韓国、中国からの日本への入国制限を実施

韓国・中国からの入国を制限

  • 今月9日から入国を制限、入国者は2週間の自宅待機
  • 韓国政府が抗議、在韓日本人にも不安が広がる
  • 安倍政権の感染拡大防止策は支持率の下落阻止が狙いか

韓国、中国からの入国者は2週間待機

政府は6日、コロナウイルス拡大防止対策として、中国(香港とマカオを含む)と韓国からの日本人を含めた入国者に対し、2週間の指定場所での待機と、日本国内でバスや電車などの公共交通機関を利用しないよう要請することを決めました。これらの措置は、今月9日から同月末まで実施するとしています。

韓国政府は日本の対応を批判

この決定では、既に中国・韓国に発行したビザについても効力を停止し、観光客らの入国の自粛を求めています。 こうした日本政府の対応に韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は、「日本政府は両国の協力関係が重要な時期に誤った選択をした」と述べ、韓国からの入国制限を強化する決定に対し改めて不快感を示しました。 一方で、韓国の保守メディアは日本政府を批判しながらも、韓国政府に冷静な対応と両国の友好関係を築くよう促しています。

冨田在韓大使に抗議の方針

韓国の康京和(カン ギョウファ)外交部長官は6日、冨田浩司(ともた こうじ)駐韓日本大使を呼び抗議しました。 康京和外交部長官は「日本の対応は両国の友好関係を悪化させる政治的な思惑があり、科学的なものではない」と非難しました。 更に丁世均(チョンセギュン)首相は、日本への対抗措置として、今月9日から90日間のビザ免除措置の停止を行うと発表しました。