スティーブジョブズの経歴

「スティーブジョブズ」は1955年2月24日に生まれました。「スティーブジョブズ」は1972年にリード大学を半年で中退し、1976年にスティーブウォズニアックらと共同でアップルコンピュータ・カンパニー(現在のアップル)を創業しました。 「スティーブジョブズ」はアップルを大企業に成長させたものの、初代Macintoshの営業赤字のせいで一時経営から退きます。その時にソフトウェア開発の新会社NeXT(後にアップルに買収)とCGアニメ会社ピクサーを立ち上げています。 その後、「スティーブジョブズ」は倒産寸前のアップルに復帰し、iMac、iPod、そしてiPhoneの大ヒットで会社の業績をV字回復させました。

スティーブジョブズの数々の名言

「スティーブジョブズ」はアップル創業時から2011年に亡くなるまでの間に数多くの名言を残しました。「スティーブジョブズ」の名言は彼の生み出した製品に負けないほど愛され、世界中の人々を魅了しました。 人生の教訓からビジネスに使える金言まで、選りすぐりの名言を3つご紹介します。

名言①

「スティーブジョブズ」は数々の成功を収めたアップルの創業者かつCEO(最高経営責任者)であり、同時にディズニーの個人筆頭株主でもありました。 世界有数の資産家である彼は、次のような名言を残しています。 「スティーブジョブズ」は青年時代に、ヒッピー文化(反体制の自然主義)や仏教の禅に傾倒していました。「スティーブジョブズ」にとっては資産を持つことよりも、精神的な充足感が重要だったことがこの名言から窺えます。

死んだ時に墓場で一番のお金持ちになりたいとは思わない。私にとって重要なのは、夜眠るときに自分たちは素晴らしいことをしたと言えることだ。