市橋達也の親は医者で裕福な家庭だった

市橋達也は1979年に、医師の父と歯科医の母のもとに生まれました。エリート一家で何不自由なく育った市橋達也は成績優秀で、運動神経も良かったようです。 中学時代にはバスケットボール部の副キャプテンを務め、県内でも有数の進学校である高校に進みます。高校時代の市橋達也の目標は医師になることで、理系クラスを選び勉強に励んでいたようです。

大学受験に失敗する落ちこぼれだった

高校時代までは成績優秀と言われていた市橋達也ですが、大学受験に失敗し初めての挫折を味わいます。第一志望としていた大学の医学部に、落ちてしまったのです。 その後も浪人生活を続け受験に挑戦しましたが、医学部合格はかないませんでした。そして四浪の末、千葉大学園芸学部に進学します。 それは市橋達也にとって、納得のいく選択とはいえなかったのでしょう。

市橋達也はイケメンであると話題で、ファンクラブも存在した

中学時代の市橋達也はリーダー的存在で、明るい性格だったことから男女問わず人気があったといわれています。しかし高校時代になると一部の友人からは、「お山の大将」と揶揄されるようになります。 逮捕後に市橋達也の顔写真がニュースや新聞で公開されたところ、イケメンだと話題になりました。そして2009年11月にSNSの「mixi」に市橋達也のファンクラブができたのです。そのコミュニティでの記述を見て、激怒した人も少なくありませんでした。

市橋達也をモデルにした映画

2013年11月、市橋達也をモデルにした映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」が公開されました。人気俳優であるディーン・フジオカさんが、監督・主演・主題歌を務めています。 「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」という市橋達也が出版した手記をベースに製作された作品は、逃げ続ける犯人の心の移り変わりに主軸をおいてストーリーが展開しているそうです。