1分でわかる市橋達也によるリンゼイアンホーカー殺害事件

1分でわかるリンゼイアンホーカー殺害事件

  • 英会話講師であるイギリス人女性の遺体が見つかる
  • 同日捜査員が市橋達也宅に向かうが、隙をついて逃走される
  • 市橋達也は2年7カ月にわたって逃亡するが2009年11月に逮捕

【関連記事】秋葉原で起きた連続殺人の全貌

市橋達也によるリンゼイアンホーカー殺害事件の概要

「リンゼイアンホーカー殺害事件」は、2007年3月20日に犯人である市橋達也と被害者女性が電車で乗り合わせたことがきっかけで起こりました。 ここでは市橋達也と被害者であるリンゼイアンホーカーさんの出会いから、殺害に至るまでの経緯について詳述します。

市橋達也がリンゼイアンホーカーをナンパし英会話のレッスンを頼んだ

2007年3月20日の深夜、リンゼイアンホーカーさんは行徳駅から西船橋駅に向かう電車に乗っていました。その社内に市橋達也がおり、リンゼイアンホーカーさんに話しかけます。 面識のない市橋達也に不信感を抱いたリンゼイアンホーカーさんは、西船橋駅で下車しましたが市橋達也が後をついてきます。そしてリンゼイアンホーカーさんに英会話の個人レッスンを頼み、自宅で水を飲ませてくれるよう頼みました。 自宅にはルームメイトも同居していたので、リンゼイさんは市橋達也を招き入れます。その際市橋達也は自分の名前・電話番号・メールアドレスを書いたメモと、リンゼイアンホーカーさんの似顔絵を残して帰宅しました。

市橋達也はレッスン代を取りに行く口実でリンゼイアンホーカーを家に連れ込んだ

リンゼイアンホーカーさんは市橋達也と何度かメールをやりとりし、1時間3500円で英会話の個人レッスンを引き受けることにしました。そして2007年3月25日に、初めて個人レッスンが行われました。 英会話のレッスンは喫茶店で行われました。その終了後市橋達也は「レッスン料を忘れたので一緒に自宅に行ってほしい」と、リンゼイアンホーカーさんに告げます。 それを信じて市橋達也の自宅に同行したリンゼイアンホーカーさんは、そのまま監禁されてしまったのです。