";"(セミコロン)は「関係性のある文と文を繋ぐ」

(画像:Unsplash

「;」(セミコロン)と「:」(コロン)の違いについて正確に知っていますか?おそらく、意識したことがない、使ったことがないという人がほとんどではないのでしょうか。ここではその2つの違いや使い方を例文とともに説明します。 まず、「;」(セミコロン)の役割は「関係性のある文と文を繋ぐ」ことです。 例えば、「and」や「but」などの接続詞で文をつなぐ時、代わりに「;」(セミコロン)を使うことができます。そのため、一度「.(ピリオド)」を使って文を区切ることもできるのですが、「;」(セミコロン)を用いて一文にすることで「関係性のある文と文が繋がっている」ということを示しています。 ・I ordered a cheeseburger for lunch; life’s too short for counting calories. (昼食にチーズバーガーを頼んだよ。人生は、カロリーを数えるには短すぎる。) 上記の例文で「;」(セミコロン)の前の文の「チーズバーガーを食べた」に対し、後ろの文が理由や言い訳となっています。この2文の関係性を、「;」(セミコロン)を用いることで強調することができるのです。 また、2文を対比させたい時や連続するリストを並べたい時にも「;」(セミコロン)が役立ちます。 ・Martha has gone to the library; Andrew has gone to play soccer. (マーサは図書館へ行った。一方アンドリューはサッカーをしに行った。) マーサの行動とアンドリューの行動が対比されていますね。 ・This week's winners are Joe from Reno, Nevada; Diane from Phoenix, Arizona; and Matt from Irvine, California. (今週の勝者はネバダ・レノ出身のジョーとアリゾナ・フェニックス出身のダイアン、カリフォリニア・アーヴィン出身のマットです。) 上記の例文はアメリカの州名・都市名・人名が並列され、リストとなっています。全てを「,」(カンマ)で区切ってしまうと州名・都市名・人名の関係が非常にわかりにくくなってしまいます。そのため、関係性を維持しながら事項を並べる時に「;」(セミコロン)が活躍してくれます。

";"(セミコロン)の使い方と例文

それでは「;」(セミコロン)の使い方を例文とともに更に見ていきましょう。 ・We can go to the museum to do some research; Mondays are pretty quiet there. (リサーチをするために美術館に行ってもいいね。月曜は特に静かだし。) 「;」(セミコロン)の前と後ろの文が繋がっています。「リサーチをしよう」→「月曜がいい」というように話が進んでいますね。「and」や「.」(ピリオド)で代用することができます。 この場合「Monday」が常に大文字で始まる単語なので、「;」(セミコロン)の後ろでも大文字になっていますが「;」(セミコロン)の後ろは通常小文字です。 ・Money is the root of all evil; I don’t believe the reverse is necessarily true. (金は悪の根源だ。でもその逆は、必ずしも真実だとは思わない。) 「;」(セミコロン)の後ろの文は前の文があって初めて成立する、関係性の深い2文です。この場合、前後の文章が対比されているので「;」(セミコロン)の代わりに「but」を使っても正解です。

":"(コロン)は「引用と例を含む言い換え」

(画像:Unsplash

「;」(セミコロン)とよく似ていますが、「:」(コロン)は「引用もしくは例を含む言い換え」という役割があり、全く異なる機能を果たす存在です。「:」(コロン)は「that is to say」(すなわち)や「here's what I mean」(つまり)と言い換えることができます。 ・You know what to do: practice. (やるべきことはわかっているだろう、練習だ。) この文では「やるべきこと」が「:」(コロン)の後ろで「練習」だと具体的な例に言い換えられていますね。 ・He ended with the immortal words of Neil Young: “Rock and Roll can never die.” (彼はネイル・ヤングの不朽の言葉で締めくくった。「ロックンロールは決して死なない」と。) また、引用を表す「:」(コロン)の場合は上記のように誰かの言葉を「:」(コロン)以下で続けます。

":"(コロン)の使い方と例文

「:」(コロン)の使い方を例文とともに更に解説します。 ・We have two options here: stay and fight, or run like the wind. (私たちには2つの選択肢がある。留まって戦うか、風のように逃げるか、だ。) 「two options」が「:」(コロン)以下で言い換えられています。 ・A dolphin is not fish: it is a warm-blooded mammal. (イルカは魚ではない。恒温の哺乳類だ。) この例文は「イルカ」が「:」(コロン)以下で詳しく説明されていますね。 ・The minister shouted: "Do not worry. The next time I stand up here, I will have answers to these questions." (大臣は叫んだ。「心配ない。次に私がここに立つ時に、それらの質問に答えよう。」と。) この「:」(コロン)は引用の働きをしています。上記のように、「:」(コロン)以下の発言は他人の引用でなくとも、本人の言葉に対しても使うことができます。