フローとは

(画像:Unsplash

今回は日常的に耳にする「フロー」という言葉について、基本的な意味や語源となる英語の「flow」の意味を解説します。 「フロー」はさまざまな分野のビジネスで使われる言葉です。正しい意味をまずは理解し、後半はビジネス用語としての「フロー」の使い方の例文をいくつか紹介していきます。

フローの基本的な意味は「流れ」

(画像:Unsplash

フローの基本の意味は「流れ」「動き」という意味です。「◯◯フロー」や「フロー◯◯」など何かの事柄の前後につけて、その事柄の流れを示します。 ビジネスでは「仕事の流れ」を表す時に使用することが多く、仕事の流れを表す「ワークフロー」やデータの動きを表す「データフロー」、お金の動きを表す「キャッシュフロー」などの言葉があります。 他には、心理学で精神的な状態を表すときに使われたり、エクセルなどでも「フローチャート」という矢印や長方形などを組み合わせて手順を分かりやすく図解する機能などがあります。

フローは英語では「flow」

(画像:Unsplash

そもそも「フロー」は英語の「flow」をカタカナ語にした言葉で、元の語源となる「flow」には「流れる」「湧き出る」「流れるように垂れる」「風になびく」などの意味があります。 この「流れ」には液体や川・血などを表現する場合もあれば、分脈によって時間の「流れ」、人の「流れ」を表す場合もあります。 こうしたさまざまな「流れ」の意味を持つ英語の「flow」から派生し、ビジネス英語として使われる「フロー」が広がっていきました。

ビジネス用語としてのフローの使い方

(画像:Unsplash

以下の見出しではビジネス用語として「フロー」がどのような場面で使われるのかシーン別に例文を紹介していきます。 多くの方にわかりやすいように身近で基本的な例から解説を行います。まず基本の意味を確認し、後半は様々な応用表現の解説をしていきます。