「assignment」とは

(画像:Unsplash

「assignment」という単語を耳にする機会は日本ではまだ多くありません。英語上級者でも耳慣れないことがある「assignment」ですが、知っておくと海外生活やビジネスのさまざまな場面で役に立つ単語です。 まずは「assignment」の発音や意味、語源から説明します。

「assignment」の発音は「アサインメント」

「assignment」の発音は「アサインメント」です。 発音のポイントはアクセントの位置です。第二音声の「si」にアクセントを置きましょう。よくある間違いは、第三音声の「men」の部分を強く読んでしまうことです。また、「assign」を「アシグン」と読まないよう気を付けましょう。 正しい使い方は正しい発音から始まります。ネイティブの音声を聞いて発音を真似ることが大切です。

「assignment」の意味は「任務」「宿題」

「assignment」は主に「任務」「宿題」という名詞を意味します。「他者により割り当てられたもの」ということを言いたい時によく用いられます。 他には「任命」「役職」「地位」などの意味もあり、多義語として知られています。 しかし、どの意味にしても核のイメージとなる「他者により割り当てられたもの」ということは変わりません。「assignment」が文の中でどの意味で使われているかを判断し、その都度適切な訳をあてはめるようにしましょう。

「assignment」の語源

「assignment」は「assign」(割り当てる)という動詞に接尾辞の「ment」(~すること)を付けて、名詞に変化させた英単語です。「割り当てること」=「任務」「宿題」という意味として使われるようになりました。 また、「assign」は「as」(そこへ)と「sign」(印)が合体した語であり、「そこへ印を付ける」が転じて「割り当てる」という意味として使われるようになったのです。