阿部定事件の概要

事件は1936年5月に起こりました。東京市内の待合旅館に滞在中していた女性が連れ合いの男性を殺害し、男性器を切り取る異常行動に及びました。この女性が逃亡の間中男性器を所持し続けていたことが事件の異常性を象徴しています。

阿部定は石田吉蔵と交際を始める

犯人の名前は阿部定(あべささだ)です。彼女は当時石田吉蔵(いしだきちぞう)の料理店で働いていました。阿部定は元々職を変えながら日本中を渡り歩いていましたが、1935年に名古屋市会議員の大宮五郎を通して料理店の接客係に採用されました。 阿部定は数ヶ月間の勤務を通じて、妻帯者の石田吉蔵に惚れ込みます。お互いに惹かれ合った2人はやがて不貞の関係となりました。 しかし石田吉蔵の妻に不倫を察知されたことがきっかけで、2人は駆け落ちします。待合旅館を流れ歩いた2人は事件現場の旅館「満佐喜」に滞在することとなりました。

性行為中の首締めがエスカレートし石田吉蔵が死亡

阿部定と石田吉蔵は待合旅館「満佐喜」に泊まり、夜通しで性行為に耽りました。2人は2日目さらなる恍惚感を得ようとして、性行為の最中に首絞めをするようになります。石田吉蔵の側から首締めが快感に繋がるとそそのかしたようです。 首締めを頻繁に行ったせいで石田吉蔵の顔がうっ血(血液の流れが妨げられて肌色が変色すること)するほど腫れてしまいました。阿部定は少しでも痛みを軽減させるため薬局で睡眠薬を購入しますが、それを飲んだ石田吉蔵はさらに続けるよう彼女に迫りました。 そして5月18日午前2時頃阿部定は性行為がエスカレートした末に薬で眠った石田吉蔵を腰紐で絞殺してしまいます。