折衷案とは

「折衷案」という言葉は日常生活でも使われ、仕事の場面ではこちらの提案を相手が飲んでくれない時に相手の条件との折り合いをつけるために用いられます。 この記事では「折衷案」の類義語や英語表現についても紹介します。まずこの見出しで読み方と意味を理解しておきましょう。

折衷案の読み方は「せっちゅうあん」

「折衷案」は「せっちゅうあん」と読みます。それぞれの漢字の読み方は「折」は音読みでは「セツ」、訓読みでは「おる」、「衷」は音読みで「チュウ」、「案」音読みでは「アン」、訓読みでは「かんがえる」です。 つまり「折衷案」は、全ての漢字の音読みを合わせた読み方になっています。「衷」という漢字は見慣れないかもしれません。「折衷案」以外では日常的に使うことはほぼないので、しっかり覚えておきましょう。

折衷案の意味は「2つ以上の物事や考え方のよいところをとって1つに合わせること」

「折衷案」の意味は、「2つ以上の物事や考え方のよいところをとって1つに合わせた案」です。「折衷」という漢字に「双方の極端な部分を削ぎ落として、一つにまとめること」「いくつかの異なるアイデアを1つにまとめること」という意味があります。 そうした行動で生み出した案が「折衷案」です。また「衷」に「真ん中」という意味があるので「真ん中で折り合わせた案」とイメージすると意味が理解しやすくなります。

折衷案の類語

「折衷案」の正しい意味は理解できましたか。「折衷」の意味が分かれば分かりやすいと思います。 次は、「折衷案」との類似表現を3つ紹介します。それぞれの漢字のどの点が似ていて、どんなニュアンスの違いがあるかをしっかりと理解しておきましょう。