1分でわかるジャニー喜多川

ジャニー喜多川とは

  • ジャニーズ事務所を設立する
  • 多くのアイドルを輩出させギネスに認定される
  • 裁判で少年への暴行が明るみに出る

ジャニー喜多川の経歴

(画像:Unsplash

終戦後、アメリカから日本へと渡ってきたジャニー喜多川は仕事の傍らでジャニーズ事務所を設立しました。 60年代から男性アイドルの火付け役として語られ始め、彼が発掘してきたアイドルたちは様々な分野で活躍しています。 この記事では彼の人生を振り返るとともに、ジャニーズ事務所が設立までの経緯を紹介していきます。

ロサンゼルスで生まれる

ジャニー喜多川は1931年のロサンゼルスで生を受けました。当時は太平洋戦争直前ということで日本人並びに日系人への風当たりが強かった時代です。 そんな情勢の中で日系2世の両親と共に来日しますが、第二次世界大戦終結後再びロサンゼルスへと帰国します。 現地の高校を卒業し、短期大学へと進学した彼は偶然ロサンゼルス公演を行っていた美空ひばりに出会うのです。この時の経験が、後に日本の芸能界へと進む原点になります。

日本で育ち上智大学を卒業

再び日本へとやってきたジャニー喜多川は、英語力を活かしてアメリカ大使館で働き始めます。大使館では朝鮮戦争の孤児たちに英語を教える仕事をすると同時に、朝鮮語も学びました。 大使館の仕事の傍らで上智大学に入学し、在学時に結成したバンドで念願だった芸能界入りを果たすのです。 彼はロサンゼルス生まれの日系人であったため、日本とアメリカの二重国籍を持っていましたが、再来日以降は日本国籍を選択しています。