ルイヴィトンの親会社がティファニーに買収提案

ニュースの要点

  • アメリカの老舗ブランドティファニーがM&Aの標的に
  • ウォッチ&ジュエリー事業の拡大を図るLVMH
  • ティファニーはどちらを選ぶのか・買収劇の行方に注目

ティファニー

オードリーヘップバーン主演映画「ティファニーで朝食を」で有名なティファニーは、1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングによって設立されました。 今年5月~7月期決算は、純利益1億3,600万ドル(前年同期比6%減)、売上高10億4,800万ドル(同3%減)と低迷しました。 米国、日本、中国本土に次ぐ香港市場の売上減が影響しました。株価はこのところ100ドルを切っていましたが、買収報道後は120ドル後半と上昇をみせています。

フランス・LVMH

LVMHは1987年、ルイヴィトンとモエ・ヘネシーの合併によって設立されました。ヨーロッパを中心にファッションブランドのルイヴィトンやジバンシーのほか化粧品のディオールなど約60以上のブランドを擁しています。 今年7月~8月決算では、売上高133億1,600万ユーロ(日本円で約1兆5,979億円)と上期に続き増収と業績は好調です。 今年10月17日には米テキサス州にルイヴィトンの工房を設立すると発表しています。

LVMHが約145億ドルの買収提案

LVMHはファッションをはじめ化粧品、ウォッチ&ジュエリー、ワインなど傘下のブランド事業も多く、今回のティファニーの買収目的はウォッチ&ジュエリー事業の強化が目的といわれています。 LVMHはティファニーに対して約145億ドル(日本円で約1兆5,660億円)、1株あたり120ドルでの買収提案を出したとされていますが、今のところ両社から正式な発表は出されていません。