メソッドとは

(画像:Unsplash

メソッドという言葉をビジネスシーンで耳にすることがあります。また、ビジネスマン向けのハウツー本の中でもメソッドという言葉は頻繁に出てきます。最近ではインターネットの記事でも、「成功するためのメソッド」といった表現をよく見かけるようになりました。 言葉の意味を正しく理解することで、書籍や記事からより効果的に情報が得られるようになります。まず、メソッドの意味について順番に解説します。

メソッドの意味は「方法」

メソッドの意味は「方法」です。メソッドはメソードと表記されることもあります。 メソッドは具体的な技術ややり方、手順ではなく、理論的で体系だった方法論を指します。あまりにも簡単な方法や誰もが知っている方法では用いません。 一定の経験や知識、スキルのうえに組み上げられた方法に対して使う言葉です。特にビジネスにおいては、何かを達成するための体系だった方法をメソッドと表現します。

メソッドの英語は「method」

メソッドの語源は英語の「method」です。意味は「理論的な方法・方式・手法」です。 英語の「method」には「秩序・順序」「規則正しさ・几帳面さ」といった意味もあります。日本語では「論理的な方法・方式・手法」の意味で使われるのが一般的です。 「method」と似た意味の英語に、「way」があります。「way」はより幅広い意味の「道筋・やり方」を表します。「method」は「way」より格式ばった表現で、より確立された方法に対して用いられます。

メソッドの類語は「ノウハウ、ハウツー」

メソッドの類語には「ノウハウ」や「ハウツー」があります。 ノウハウとは「何かを成すために必要な知識や情報、テクニック」のことです。ノウハウはただの知識や情報でなく、専門性や競争優位性がある場合によく使われます。 ハウツーとは「実用的なやり方、技術」のことです。ハウツー本というと、実践的なやり方を伝える手引きを指します。 メソッドとの使い分けとして、ノウハウには「簡単に人にもらしてはいけない」といったニュアンスが含まれ、ハウツーは理論よりも実践的な意味で用いられることが多いです。