「カンファレンス」は英語の「conference」と同じ意味

(画像:Unsplash

日本で耳にする「カンファレンス」も、英語の「conference」と同じ意味です。英語の conference」には「協議する」「相談する」という意味があり、イメージとしては複数人が集まって、一つのテーマについて話し合うというものです。 また、英語の「conference」には「(スポーツなどの)競技連盟」または「同盟」という意味もあります。

「カンファレンス」の意味は「会議、協議」

私たちが日頃使う「カンファレンス」の意味は、主に「会議」または「協議」です。比較的多くの人数が集まって、物事を協議したり、話し合ったりする場面を表す事ができます。 通常、医療関係の病院等で「カンファレンス」が使われます。ドラマや映画でも、医師や看護師が「カンファレンス」と言っている場面を見たことがある、という人は多いのではないでしょうか。 医療関係以外でも「カンファレンス」は使えます。しかしどうしても病院のイメージが強く、一般企業などではあまり使われません。 また、英単語の「conference」が持つ意味の「同盟」または「連盟」を当てはめて、陸上や水泳、野球やサッカーなどさまざまなスポーツの分野で「conference」という英単語を使っている場合もあります。 「日本○○連盟」等の表記の下に「~conference of Japan」等と書かれることがあるようです。

「カンファレンス」の方が「コンファレンス」より一般的

「カンファレンス」という言葉の、本来の発音は「コンファレンス」です。英語の「conference」が「co」で始まるので、「カ」ではなく「コ」と発音します。 しかし、日本で「conference」を使う多くの場面では「カンファレンス」と発音されることがほとんどでしょう。「カンファレンス」という言葉を日々使っている、医療関係の人でも「カンファレンス」と発音しています。 相手が英語圏の方で、英語で会話をする場合は「コンファレンス」、相手が日本人で、日本語の会話の中で使うのであれば「カンファレンス」、とするのが自然です。

「カンファレンス」と「ミーティング」の違いは規模感

一般企業では「カンファレンス」よりも「ミーティング」の方が頻繁に使われます。「カンファレンス」も「ミーティング」も、人が集まって協議したり相談する、という意味は同じです。 「カンファレンス」と「ミーティング」の違いは「規模感」と考えることができます。「カンファレンス」の方が、「ミーティング」よりも人数が多く、大きな規模で行われます。 「カンファレンス」は、数十人以上、多ければ数千人単位で行われるイメージ、「ミーティング」は2名以上、数人から多くても十名前後で行うイメージを想定してる言葉です。 日本で使われる「カンファレンス」や「ミーティング」は、厳密な言葉の定義によって使い分けられているとは限らず、医療関係であれば「カンファレンス」、それ以外は「ミーティング」など、シーンによって使い分けられていることが多いでしょう。