実直の派生語

実直

実直(画像:Unsplash

「実直」には派生語があります。 とはいっても、難しいものではありません。大きく異なるものではなく、文中や会話の中にも自然に取り入れやすいものです。覚えやすいものであり、口をついて出やすいものですから、ここで派生語であるということを改めて認識してみてください。

実直な

「実直な」は「実直」の派生語です。 「実直な人間」といったように、主にその人がどういった人であるか、人の性質や人柄を表す時などに使われることが多い言葉です。「実直」をさらに使いやすくして、何かを修飾するために形を変えた言葉ですから、「実直」である対象を必要とします。そのため、この言葉が単体で使われることはありません。 「実直な」は使い勝手がいいですし、普段見かけることも多いでしょう。積極的に使えるようにしておきましょう。

実直さ

「実直さ」も「実直」の派生語として挙げられます。 これは、「実直さを持つ人」というように、「実直」であることを名詞として使うための言葉です。「実直さ」という言葉を使うことによって、「実直」だけでは表すことが難しい場面でも端的に意味を伝えることができるようになります。これは「実直さ」が名詞であるからこそできることです。 「実直さ」は「実直」よりも使う場面が多いこともありますから、使えるようにしておくと便利です。

実直の類語

実直

実直(画像:Unsplash

「実直」の類語も知っておきましょう。 確かに「実直」は人間性を表すために使うには便利な言葉ですが、「実直」だけでは少し語彙が心もとないところがあります。類語をいくつか覚えておいて、「実直」の代わりに使えるようにしておくと語彙に広がりが生まれます。