実直(じっちょく)の意味は「真面目で正直なさま」

実直

実直(画像:Unsplash

「実直」は「じっちょく」と読み、真面目で正直であることを意味します。 何事にも誠実であり、裏表がないのが「実直」であることを指します。目の前のことにまっすぐ取り組んで、真剣な態度をとるという意味を持っているとも言えるでしょう。 「実直」という言葉から連想されるのは、心根が正直であり、何に対しても一生懸命に向き合うということです。「実直」は、そういった真面目さや一本筋が通っていることを意味しているのです。

実直の使い方・例文

実直

実直(画像:Unsplash

「実直」と言われても、使い勝手がわからないという人も多いでしょう。 実際に使うことがないと、言葉はその使い方がわからないものです。ここでは「実直」という言葉の使い方を、2つの例文を使って紹介していきます。これから使う時のために、ぜひ参考にしてみてください。「実直」の使い方を覚えておくと、特にかしこまった文章を書く時に間違いなく重宝します。

実直に働く

「実直」を使った1つ目の例文をご紹介します。 ・彼はとても実直に働く人だ。 この文においては、彼の働きぶりを表すために「実直」という言葉が使われています。彼が真面目に、一生懸命ひたむきに働いているということを伝えるために「実直」であると表現しており、わきめもふらずに必死に働いていることがよくわかるでしょう。 「実直」という言葉は、このように人がどのように行動しているかということを表現することもできます。

実直である・実直すぎる

「実直」を使った2つ目の例文をご紹介します。 ・彼女は実直であることを旨としている。 これは、彼女が「実直」であることを大切にしているということを意味しています。 また、気をつけておきたい使い方も併せて押さえておきましょう。 ・私は、彼が実直すぎるためとても好意を持っている。 「実直」に「すぎる」を付けるのはあまり好ましい使い方ではありません。こういった使い方をするのであれば、「とても誠実であるため」など、他の言い方をするべきでしょう。