反省と慰謝料750万円の支払いが執行猶予に影響か

態度を変えた稲井大輝被告は裁判で従順に答えるようになりました。充分に反省した態度を見せ、弁護士を通じて被害者への誠意も見せています。 東京地裁は1月30日の判決で被害者女性を傷つけた事件の罪深さを指摘して懲役3年の有罪が妥当と結論付けました。 しかしその一方で東京地裁は稲井大輝被告の反省する態度と示談金750万円の支払いを考慮して、5年間の執行猶予を付けました。

稲井大輝被告の今後は?

稲井大輝被告の裁判は稲井大輝被告が控訴しなければ、このまま懲役3年執行猶予5年が確定します。執行猶予によって一定の制限は受けるものの、実質的には自由の身です。 しかしながら稲井大輝被告の行った女性への暴行という事実は消えません。自由の身となっても稲井大輝被告には女性の敵というイメージが付きまといます。 稲井大輝被告はミスター東大ファイナリストなどの肩書きで活躍する人気者でしたが、今後どのような人生を過ごすことになるのでしょうか。