「野暮」(やぼ)の要点

  • 意味:「情に動かされない」「洗練されていなかったり垢抜けていない様子」
  • 由来:「野夫(やふ)」「也毛(やもう)」
  • 例文:「昔のよしみだろ、野暮なことを言うなよ。」
  • 類語:「無粋」
  • 対義語:「粋」
  • 英語:「Ruthless」「heartless」「unrefined」

野暮(やぼ)の意味①「情に動かされない」

(画像:Unsplash

「野暮」には3つの意味があり、1つ目の意味は「情に動かされない」です。冷酷というよりは、周りの気持ちを汲み取れない、いわゆる空気の読めない人や様子を指します。 まず、この意味で使われる場合の野暮の例文や英語表現を紹介します。

野暮の意味①の使い方と例文

気持ちを汲み取れないという意味で使われる場合の「野暮」の例文は下記の通りです。

例文

  • 昔のよしみだろ、野暮なことを言うなよ。

例文

  • 野暮を承知で言うが、今回の件は見送った方がいい。

情に訴えて人に頼み事をする時「野暮」を用いて表現したり、「余計なことかもしれないが」と同じ意味で自分の発言の前置きとして使ったりします。また、頑固な人やわからず屋な人に対して非難めいたニュアンスで使うこともあります。

野暮の意味①の英語は「Ruthless・heartless」

気持ちを汲み取れないという意味の「野暮」の英語の表現は「Ruthless・heartless」で例文は下記の通りです。

「野暮」はどこか温かみのある表現です。「Ruthless」は犯罪者にも使う強い表現なので、「野暮」の言い換えなら「heartless」が無難です。