1分でわかる大阪2児餓死事件

大阪2児餓死事件の要点

  • シングルマザーの母親が2児を自宅に閉じ込め、50日間放置して餓死させた事件
  • 母親は逮捕され、懲役30年の実刑判決が下された
  • ネグレクトが社会問題化する中で起こった事件

2010年に大阪市内のマンションで、3歳と1歳の2児が母親の育児放棄が原因で餓死しました。 この事件は幼い子どもが50日間も放置され餓死したニュースは世間に衝撃を与えました。児童虐待が世間で注目され、児童相談所の役割が注目された事件です。今回は大阪2児餓死事件について紹介します。

大阪2児餓死事件の概要

大阪2児餓死事件は、風俗店に勤務するシングルマザーの下村早苗が3歳女児と1歳男児を自宅で餓死させた事件です。子供2人を自宅のマンションに閉じ込めて外出し、食べ物を与えることなく50日間放置し続けました。 なぜ、このような事件が起こったのでしょうか。大阪2児餓死事件について見ていきましょう。

風俗店に勤務する下村早苗はホスト遊びが原因で金銭的に困窮していた

下村早苗は、2人の子供を育てるシングルマザーでした。結婚歴はありましたが、離婚した原因が夜遊びや不倫、消費者金融からの借金であったため、元夫からの支援は受けられず生活は困窮していました。 下村早苗は大阪の風俗店に勤務し、お店も下村早苗のためにマンションを提供してあげます。 一方、風俗店に客としてやってきたホストと恋仲になり、ホスト遊びに興じるようになります。借金の取り立てから逃げるようにホストのもとを転々としたようです。

下村早苗は子供2人を部屋に残し扉をテープで固定し家を出た

外泊が増え下村早苗は自宅に戻らない時間も徐々に長くなっていきます。自宅に戻ると2人の子どもがいるのが嫌だったなどと供述しています。 下村早苗は6月初旬に2人の子供を置いて外出します。このときはまだ放置してはいけないと思ったのか、6月9日にいったん様子を見に家に戻ります。 しかし、再び外出します。部屋には2食分の食事を残し、室内の扉に粘着テープを貼り、子供達が外に出られないようにしたのです。