ヒンターカイフェック事件の疑惑と謎

ヒンターカイフェック事件の最大の謎は犯人です。未だに犯人がわかっていません。この事件にはその他にも多くの疑惑や謎が残されています。どのような疑惑や謎があるのか、可能な範囲でヒンターカイフェック事件の真相に迫ります。

近親相姦

父親であるアンドレアスグルーバーと娘のヴィクトリアガブリエルの近親相姦が疑われています。ヴィクトリアガブリエルは戦争未亡人で夫は大戦で戦死したはずでした。 であるにもかかわらずヴィクトリアガブリエルに2歳の子供がいるというのは不自然で、2歳のヨーゼフガブリエルはアンドレアスグルーバーの子ではないかと疑われています。このことから実はカールガブリエルは戦死しておらず、事件は二人の近親相姦を恨んだ彼の犯行ではないとする疑惑があります。

事件の当日の新しい使用人

母屋で死体が発見された使用人に関しても不自然な部分があります。実は彼女は事件当日新たな使用人として農場に着いたばかりでした。 前任の使用人は事件の半年前奇妙な理由でこの農場の使用人を辞めています。辞めた理由は「農場が何かにとり憑かれている」からというものでした。着任して数時間で殺されるというのは偶然にしてはできすぎています。

事件前の農場の鍵の窃盗・謎の足跡や新聞・多額の寄付

ヒンターカイフェック事件の数日前には不自然としかいいようのない、いくつかの出来事が起こっています。主人のアンドレアスグルーバーは近くの森から農場に続く怪しい足跡を雪上に発見するとともに農場近くで怪しげな新聞が落ちているのも見つけています。さらには農場の鍵がいくつか無くなっていました。 不思議なことにアンドレアスグルーバーはこれら不自然な動きをを村人には話していますが、警察に届け出ることはしていません。またヴィクトリアガブリエルは協会に多額の寄付をしていたこともわかっていますが、その理由は不明のままです。