1分でわかるヒンターカイフェック事件

ヒンターカイフェック事件の謎

  • ドイツで起こった謎多き一家惨殺事件
  • 疑惑は残されたままで犯人は不明のまま
  • 日本の似た事件は世田谷一家殺人事件

ヒンターカイフェック事件は1922年にドイツで起こった謎多き未解決事件です。一家5人と使用人1人全員が惨殺された事件ですが、未だ犯人は特定されておらず多くの謎が残されたままです。 日本にも世田谷一家殺人事件という似た事件があります。今回ビズキャリonlineではヒンターカイフェック事件の謎に迫ります。

ヒンターカイフェック事件の概要

ヒンターカイフェック事件は世界的にも有名な未解決事件の一つです。その事件の猟奇的な特異性から切り裂きジャック事件とも並び称されています。事件はどこでどのようにして起こったのでしょうか。まずは事件の概要をおさらいします。

1922年ドイツ・ヒンターカイフェック農場で起きた殺人事件

ヒンターカイフェック事件はその名の通りドイツ・ヒンターカイフェック農場で1922年の3月31日から翌日にかけて起きました。ヒンターカイフェック農場はドイツ・ミュンヘンの北にある小さな農場です。 事件から4日後農場の納屋で4人・母屋の寝室で2人の死体が近隣の村人によって発見されました。

一家5人と使用人1人がつるはしで殺された未解決事件

殺されたのは一家の主人であるアンドレアスグルーバー(64)とその妻ツェツィリア・グルーバー(74)、未亡人になっていた娘のヴィクトリアガブリエル(35)と娘の二人の子供ツェツィリアガブリエル(7)とヨーゼフガブリエル(2)、それに使用人のマリアバウンガルトナー(45)です。 凶器はつるはしでした。凶器は事件の翌年に農家が取り壊された際農家の屋根裏から発見されました。