エルサゲートから子どもを守るには

親子

親子(画像:pixaboy

「エルサゲート」は海外では2017年頃から注目され、警戒されてきました。日本ではまだ認知度が低いですが、子どもへの悪影響を考えれば、なんらかの対策をしなければいけません。 ここからは子どもを「エルサゲート」から守るための方法や、YouTubeの代替サービスをご紹介していきます。

動画内容の確認できるように

どうしてもYouTubeを子どもに利用させる場合は、以下の点に注意しましょう。 ・大人が確認した児童向けチャンネルのみ利用させる ・視聴数の多い「エルサゲート」を防ぐために自動再生機能のOFF ・子どもが視聴する際には大人が近くにいるようにする 動画の視聴中、視聴後におかしな点がなかったか聞くのも有効でしょう。不審な点があれば、不適切動画の報告やチャンネル解除などですぐ対処できます。保護者のチェックが子どもを守る最大の安全対策です。

YouTube以外の投稿型ではない動画サイト

「エルサゲート」は原則として、YouTubeをはじめとする動画投稿サイトにしかアップロードされていません。言い換えるなら、YouTubeなどの投稿型ではない、有料動画サービスは安全なのです。 有名なサービスとしては「Amazonプライム」「Hulu」「Netflix」などがあります。これらは月額契約または年額契約の有料サービスですが、キッズ専門チャンネルが充実しており、安心して視聴させられるというメリットがあります。

まとめ

少年少女

少年少女(画像:pixaboy

「エルサゲート」はインターネットが進歩して、便利な社会になったからこそ出てきた、新時代の問題です。 YouTubeは今や私達の生活に密着した存在です。子どもを持つ大人にとっても、子どもをあやしてくれる欠かせないサービスでしょう。だからこそ、「エルサゲート」の危険性を認識して、安心安全な利用をできるように心がけていくべきです。