1分でわかるエルサゲート

エルサゲート問題

  • エルサゲートはYouTubeに投稿された暴力的、性的な内容の動画
  • エルサゲートはフィルタリングをすり抜けて、子どもが視聴する危険がある
  • エルサゲートは安全のために自衛する必要がある

「エルサゲート」は2017年頃から各種メディアで問題視され始めた動画の一種です。一見するとほのぼのとした子ども向けアニメですが、実は暴力性が強くてセクシャルな表現も出てきます。 「エルサゲート」は非常にショッキングな内容から、子どもに悪影響を及ぼす危険性があります。YouTubeなどの動画サイトも対応し始めましたが、子どもを守るためには保護者の対策が必要不可欠です。

子どもに悪影響を与えるエルサゲート

女の子

女の子(画像:Unsplash

「エルサゲート」は児童向けのCGアニメやカートゥーン(海外の2Dアニメ)の体裁で、子どもに悪影響を及ぼす動画の総称です。「エルサゲート」の悪質性、動画の目的についてご紹介していきます。 なお「エルサゲート(Elsagate)」とは、「アナと雪の女王」の主人公「エルサ」と、ウォーターゲート事件に由来する、不祥事や事件を表す接尾辞「ゲート」を組み合わせた造語です。

子どもは知らずのうちに観てしまう

「エルサゲート」の問題の1つは、一見しただけでは害のない一般のアニメ動画と区別できない点にあります。 「エルサゲート」はCGアニメーションやクレイアニメ、実写映像を交えた動画が多く、幼児向けアニメや教育番組の体裁に酷似しています。大人であれば違和感を覚える部分もありますが、「エルサゲート」のターゲットとなる子どもには区別がつきません。 そのため子どもが一般の動画を視聴していると、関連動画の中から知らず知らずのうちに観てしまうケースが起きてしまうのです。

YouTubeKidsでも見ることができてしまう

YouTubeは世界最大級の動画配信プラットフォームです。YouTubeは利用者の広がりに伴って、不適切な動画を規制する独自の自動検知システムや、低年齢層に向けたモバイルアプリ「YouTubeKids」でフィルタリング(アクセス規制)にも力を入れています。 「エルサゲート」のもう1つの問題は、ほぼすべての動画でタイトルや説明文、タグに教育や児童向けの設定をしていることです。このせいで自動検知やフィルタリングが「エルサゲート」を規制できず、「YouTubeKids」でも視聴可能になっているのです。