「幸甚です」の読み方は「こうじんです」

(画像:Unsplash

「幸甚」の読みは「こうじん」です。「幸」は訓読みで「さち」と読むことができますがこの場合は音読みとなり「甚」をつなげることで形容動詞の「こうじん」と読まれます。 主に手紙やメールなど文章に使われる言葉です。

「幸甚です」の意味は「幸いです」

(画像:Unsplash

「幸甚」の読みは「こうじん」です。「幸」は訓読みで「さち」と読むことができますがこの場合は音読みとなり「甚」をつなげることで形容動詞の「こうじん」と読まれます。 主に手紙やメールなど文章に使われる言葉です。

「幸甚です」と「幸いです」の違い

(画像:Unsplash

幸甚の「甚」は「はなはだしい」と言う意味を持ち、例えば「激甚災害」とか「被害甚大」と言った使われ方をします。 この場合は被害がとても大きいという意味で出来事のレベルが平常よりもはるかに大きい場合に使われます。 「幸いです」は通常感じる幸せを表しますが「幸甚です」の言葉の意味はそれよりもさらに大きな感謝の意を表す際に使われることが一般的です。 言葉のニュアンスとして、幸いですはややくだけた表現で幸甚はどちらかと言うと堅苦しい表現ですがどちらも会話で使うことは適切ではありません。

「幸甚です」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

「幸甚です」の正しい使い方を例文を使い説明したいと思います。通常に比べより大きな喜びや感謝を伝えるわけですから使う場面もある程度限定されます。