富士山滑落事故の概要

2019年に発生した富士山滑落事故は動画配信者が落下する模様がネット上に映し出されるショッキングなものでした。驚いた視聴者の連絡で救出を試みる死亡が確認されます。なぜ配信者は雪山の登山に踏み切ったのか、事故の真相や動機に迫ります。

ニコ生配信者が配信中に滑落

ニコ生配信者が富士山登山を配信中に滑落する事故が起きました。ニコ生はライブ配信を目玉としているサイトです。さまざまな人々が趣向を凝らした動画を配信しています。 ちょっとしたアイデアで誰も見たことがないようなシーンが見られるのが大きなメリットです。その反面、ウケを狙うあまりリスキーな動画をライブ配信する配信者も多くいます。 配信者の安易な発想が悲惨な結果に結びつきました。今回の事故はまさにリスクを省みず危険な登山を行ったことに起因していえるでしょう。

死亡し遺体で発見

配信者は富士山の登山プロセスをライブで配信していました。その最中に誤って足を滑らせてしまいます。配信者は約800m落下し全身を強打しました。 その一部始終はサイトに映し出され視聴者が100当番通報することになります。すぐさま警察が出動し救出を試みるも配信者は既に死亡していたのが事故の概要です。 遺体は激しく損傷しており事故の凄惨さを物語っています。死亡した配信者は40代後半の男性であり単独で登山していた模様です。