1分でわかる江川事件

江川事件とは

  • 読売巨人軍が「空白の一日」に選手契約
  • 読売巨人軍とプロ野球機構は真っ向から対立
  • 政界を巻き込む大事件

江川事件とは、1978年プロ野球ドラフト会議前日に読売巨人軍が野球規約の盲点をついて江川卓氏と契約したものです。 当時の野球協約において、前年に指名した選手の交渉権はドラフト会議前々日まで保有できることが明記されていました。 「空白の一日」を利用した契約は正当とする読売巨人軍とプロ野球機構は真っ向から対立し、政界を巻き込む大事件に発展するのです。

江川事件の概要

作新学園のエースとして甲子園を沸かせた江川卓氏は、高校・大学時のドラフト会議では意中の球団に指名されなかったため入団を拒否していましたが、3度目のドラフト会議前日に読売巨人軍と契約します。 現行のドラフト制度では考えられないことですが、なぜ、江川卓氏と読売巨人軍は「空白の一日」を利用してドラフト前に契約できたのかを説明します。

1978年のプロ野球ドラフト会議前日に起きた事件

江川事件が起きたのは1978年プロ野球ドラフト会議を翌日に控えた11月21日のことです。 法政大学を卒業した江川卓氏は作新学院の職員としてカリフォルニア大学に野球留学していましたが、11月20日に突如帰国します。 そして、翌21日には船田中自民党副総裁の事務所を訪れ、読売巨人軍との入団契約を締結してしまうのです。江川卓はドラフト対象外の選手であり契約に支障なしと読売巨人軍は判断していましたが、この契約は後に大騒動を引き起こします。

巨人が江川卓とドラフト前に契約した

読売巨人軍と江川卓氏が相思相愛の関係であることは、大学時のドラフトで江川卓氏が公言したことにより他球団の関係者にも知れ渡ることになります。 しかも、江川卓氏は過去のドラフトにおいて2度も指名拒否をしていたので、リスクを犯してまでドラフト会議で指名する球団はないとされていました。 ところが、ドラフト前に読売巨人軍が「空白の一日」を利用して、江川卓氏と契約を結んだことが報じられると事態は急展開します。