西部邁とはどのような人物なのか

西部邁とは

  • 知の巨人といわれ当初左翼活動に参加するも後に保守論客として活躍
  • 多くの著書を残し、様々な知識人とも交流を持つ
  • その自殺理由には疑問点も残す

「西部邁(にしべすすむ)」は1958年に東京大学へ入学すると過激な左翼活動に参加します。しかし山岳ベース事件で共産主義の恐ろしさに気づき左翼と決別しました。 東京大学教養学部助教授などを歴任し、処女作の「ソシオ・エコノミスト」などを執筆したのちに米英に渡ります。保守論客として活躍し多くの人に影響を与えましたが、2018年1月に自ら命を絶ちました。

西部邁の経歴

西部氏は1958年に東京大学へ入学すると極左活動に参加しますが、徐々に共産主義思想から離れ保守派評論家として活動するようになります。東京大学卒業後は主に東京大学教養学部助教授として奉職します。 米英に渡ったのちに保守論客として活躍しますが、2018年1月に入水自殺によってその生涯を閉じます。ここからは西部氏の生い立ちから自殺に至るまでの生涯を振り返ってみましょう。

生い立ち

西部氏は1939年3月15日、北海道の山越郡長万部町に生まれました。父親は浄土宗派の末寺の末っ子で農協職員として働いていました。 西部氏は信濃小学校を卒業後、札幌市立柏中学校に入学し地元の名門校である札幌南高等学校に進学しました。 高等学校卒業後に東京大学を受験しますが不合格となり、一浪した翌年には合格し上京します。卒業後は横浜国立大学経済学部助教授や東京大学教養学部助教授として奉職します。

患っていた持病

西部氏は重度の吃音症(きつおんしょう:どもり)で、当時は周りの人と話すことが少なかったといいます。「西部氏」は父親との確執など家庭環境の影響による精神的なことが原因と考えていました。 しかし医学的に原因をさぐったところ口の動かし方に問題があることが分かりました。「西部氏」は「い」の発音をする際に唇を上に開いていたのです。 どちらが原因かは明確になっていませんが、のちに「西部氏」は同じ吃音症の少年が活躍するギリシャ映画を観て感銘を受け吃音症が克服できたと語っています。