「鉄は熱いうちに打て」の意味は「早く行動するのが良い」

(画像:Unsplash

「鉄は熱いうちに打て」の意味は「早く行動するのが良い」です。 鍛冶屋が鉄を熱して槌でたたきながら形を整える際、鉄が熱い状態でないと鍛えたり、思うような形に成形できないことから、「何事もタイミングを失わないうちに行動した方が良い」という意味で使われるようになった言葉です。 「早ければ何でもいい。」ということではなく、「タイミングを失しないうちに手を打った方がよい」というところがポイントです。

「鉄は熱いうちに打て」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「鉄は熱いうちに打て」という言葉は非常に応用範囲の広い言葉です。ビジネスシーンは勿論ですが、恋愛関係や教育関係などでもよく使われます。 ここでは様々なシーンでの使い方を例文をまじえて解説しますが、この言葉はともすれば上から目線の押しつけがましいニュアンスになる可能性がありますので、使い方に注意が必要です。

例文①ビジネスシーン

最初はビジネスシーンで使う場合の例文です。 ・今回の契約は社運がかかっている。「鉄は熱いうちに打て」の考え方で、相手の気が変わらないうちに話をまとめようじゃないか。 ビジネスにタイミングは非常に重要です。もたもたしていたら、相手の事情や気持ちが変わって折角の契約が実現しなくなるかもしれません。例文では話が盛り上がっている好機を捕らえて、素早く成約に持ち込もうとする姿勢がうかがえます。

例文②恋愛

次は恋愛シーンでの使い方です。意外かもしれませんが、恋愛をうまく軌道にのせるには「鉄は熱いうちに打て」なんですね。 ・女心は熱しやすく冷めやすいので、「鉄は熱いうちに打て」方式で最初のアピールが非常に重要です。 恋愛においては、出会い直後が最も熱くなっているのは男も女も同じです。時間がたつにつれて次第に冷静さを取り戻していきます。ですから出会い直後の、ある意味我を失っているときが、こちらのペースに持って行く最大のチャンスなのです。