頓挫とは

新聞記事やビジネス系の書籍を読んでいる中で「頓挫」という言葉を見たことがあると思いますが、この漢字の正しい読み方や意味を理解できているでしょうか。 この記事では「頓挫」の類義語・英語表現・使い方や例文もご紹介します。まずは読み方と基本的な意味を語源から理解していきましょう。

頓挫の読み方は「とんざ」

「頓挫」は「とんざ」と読みます。それぞれの漢字は「頓」は音読みでは「トン」、訓読みでは「にわかに」と読み、一方「挫」は音読みでは「ザ」、訓読みでは「くじける」と読みます。 どちらの漢字も日常的に使われる漢字ではないので、読み方がわからなくなる方もいるかもしれません。ただ、それぞれの漢字の音読みは「整頓(せいとん)」「挫折(ざせつ)」などの漢字でも使われています。

頓挫の意味は「途中で計画などが駄目になること」

「頓挫」の意味は「途中で計画などが駄目になること」です。それぞれの漢字の意味や「頓」は「とつぜん」「すぐに」という意味で、「挫」は「くじける」「途中で勢いがなくなる」という意味です。 「頓挫」は事前の計画が不十分で、それ以上計画やプロジェクトなどの継続が不可能になったり、予測困難な外部要因によって計画を止めざるを得なくなるなど、何らかの原因で突然計画をストップせざるを得ない時に使われる漢字です。

頓挫の語源

「頓挫」という言葉の由来は、それぞれの漢字の意味から理解が出来ます。「頓」は「急に」「とつぜん」という意味で、「挫」は「途中で勢いがなくなる」という意味でした。 つまり「頓挫」をそれぞれの漢字から意味を理解すると、「突然勢いがなくなってしまうこと」となり、ここから「途中で計画などが駄目になること」という意味が理解できます。それぞれの漢字から意味を考えると分かりやすいです。