「represent」の意味と語源

ビジネスシーンで頻出の「represent」。会社を代表して挨拶をする時やプレゼンテーションの数値の説明などのシーンで使われ、英語でビジネスコミュニケーションする機会が多い方は必ず覚えておく必要があります。 まずはその「represent」の意味と語源についてご紹介します。

「represent」の意味は「〜を代表する」「〜に相当する」

「represent」には「〜を代表する」「〜に相当する」という全く異なる2つの意味があります。 「〜を代表する」という意味で使う場合は「represent」の後に何の代表をしているかを示し、「〜に相当する」という意味で使う場合は「represent」の後に数字を示して全体に対する割合や元の数値の何倍かを示す形で使うことが出来ます。

「represent」の語源

「represent」は音節が「re-pre-sent」と分けられますが、この「re」は「再び」といういみの接頭語ではありません。 この「re」は「再び・繰り返す」という意味の他に、後ろに来る言葉を強調する意味で使われることがあります。つまり「represent」は「present(存在する、表す)」が「re」で強調されることで「代表する」という意味になります。

「represent」の品詞

「represent」という単語はその表記を変えることで様々な品詞に変わり、それぞれの品詞によって意味が異なります。 ここでは動詞・形容詞・名詞の3つの品詞に変わるそれぞれの単語について例文を交えて意味を説明していきます。