カルロスゴーン被告の逃亡に関与したキャロル・ナハス氏へ逮捕状発行

キャロルナハス(キャロルゴーン)氏はカルロスゴーン被告の妻です。カルロスゴーン被告とはお互いに再婚で、前夫との間に3人の子どもがいます。 レバノンの出身で、今回のカルロスゴーン被告逃亡に大きく関与していると見られていました。 そのキャロルナハス氏に逮捕状が発行されたのです。

偽証容疑で逮捕状が出された

キャロルナハス(キャロルゴーン)氏に発行された逮捕状の罪状は「偽証容疑」です。キャロルナハス氏は東京地裁で行われた証人尋問の証言で偽証を行ったとして偽証容疑に問われています。 しかし、この罪状での逮捕状の発行はあくまでも逮捕が目的であり、その実はキャロルナハス氏がカルロスゴーン被告の特別背任事件への関与です。 東京地検特捜部はICPO(国際刑事警察機構)へキャロルナハス氏の身柄確保が可能かを確認するとともに、逮捕とその後の動きを検討していると言われています。 キャロルナハス氏は逮捕状がでた事実に対し、日本の警察による「報復」行為であるとコメントしています。

キャロル・ナハス氏はカルロスゴーン被告の逃亡の支援をした疑いが強い

カルロスゴーン被告は、妻であるキャロルナハス氏の協力によってレバノンへ逃亡した疑いをもたれています。まず、妻であるということと、カルロスゴーン被告の逃亡先がキャロルナハス氏の出身地レバノンであるためです。 今回のカルロスゴーン被告の逃亡は、逃亡先が国外というだけでなく、レバノンという地にあったことがポイントと見られています。 日本からの出国はもちろん、逃亡先のレバノンにも詳しい人物の協力がなければ成功しえなかったと考えられることから、キャロルナハス氏に疑いの目が向いたのです。