連日報道各社からの批判を受ける小室圭氏

連日報道各社からその動向に注目を集める小室圭氏ですが、昨年の12月民放各局で報道内容の訂正に関する放送が相次ぎました。ここ最近はアメリカ留学ですっかり鳴りを潜めてしまった印象もある小室圭氏ですが、いったいどうしたのでしょうか。

週刊誌、テレビ番組、ネットメディアの格好の標的

小室圭氏の話題は掲載すれば週刊誌の売れ行きが伸び、テレビの視聴率は上がる鉄板ネタであるといわれています。 日本は男女の恋愛ネタに興味・関心が尽きない国民性であり、皇族の場合も例外ではありません。まさに週刊誌やテレビ番組、ネットメディアの格好の標的であったわけですが、最近は少々ネタが尽きてきた印象もありました。 それもやむを得ないところがあり、本人はアメリカ留学中であるのでネタを探そうにも探しにくいという事情があるといえます。

TBSが小室系氏からの訴えを受け番組内容を訂正

ところが昨年12月TBSは朝の報道番組「あさチャン!」で、小室圭氏に関する報道内容について訂正とお詫びをしました。その背景には小室圭さんの代理人の弁護士から強い要請があったといわれています。 同じようにフジテレビの「バイキング」や「Mr.サンデー」でも訂正がなされました。 関係者の話では小室さん側は報道各社が昨年1月の小室さんが発出した母親の金銭トラブルに関する説明の文書の中で、「金銭問題は解決済み」と理解しているという点をことさらに強調した点を問題視しているということです。