外出自粛の中花見に出かけた安倍昭恵

まずは今回の花見問題はどういったものだったのでしょうか。通常3月終わりから4月の上旬は花見の季節です。しかし新型コロナウイルスで今年は事情が異なります。政府も再三にわたり安倍首相が記者会見で国民に対しイベント自粛等を要請してきました。こういった状況の中、安倍昭恵夫人は花見に出かけたというのです。

公園ではなくレストランであると主張

3月26日安倍昭恵夫人の花見の写真を週刊ポストが報じました。その翌日の参議院予算委員会で立憲民主党の杉尾秀哉議員がこの問題について質問。答弁に立った安倍首相は花見ではない、問題ないと釈明しました。 その理屈としては公園の中での花見ではなくレストランの敷地内でみんなで桜を背景に写真を撮ったものであり、自粛を要請されている花見ではないというのです。

多くの批判の声が寄せられた

この安倍首相の答弁に対しては「正直苦しい」といった声が多くを占めています。ネット上の主な声としては「政府が自粛を要請する中、ファーストレディが取る行動ではない」「ファーストレディーではなくワーストレディ」「さすが安倍昭恵夫人」といったものが挙げられます。 この問題に関して国会内での攻防は現状それほど激しくありませんが、今後野党からの追及が強まることが予測されます。