正月の駅伝はド派手な厚底シューズが8割

ニューイヤー駅伝と箱根駅伝で区間新が続出するなど、正月のレースは記録ラッシュに沸いた。その〝主役〟となったのが、ナイキのド派手な厚底シューズ。『ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』というモデルだ。 箱根駅伝では210人中177人(84.3%)が同シューズを履いて出走。10区間中7区間(2、3、4、5、6、7、10区)で区間記録が誕生した。13人が従来の区間記録を上回ったが、うちナイキの厚底シューズを着用していたのは12人だった(もう1人はミズノのプロトタイプ)。

史上稀に見る高速レースとなった箱根駅伝

総合成績でも9位までが10時間台に突入した。過去10年間で「11時間の壁」を突破したのは10チームしかない。従来であれば11時間を切れば優勝争いという状況だったが、今回はシード権争い(10位以内)とレベルが急上昇した。 学生時代に箱根駅伝を走り、スポーツライターとして20年近く、陸上競技を取材してきた筆者は正直、今回の記録に驚いている。好タイムの要因は天候に恵まれたこともあるし、学生ランナーの実力が上がったこともある。しかし、今回の記録UPはシューズの影響が大きいと感じている。

青学大はナイキに履き替えて王座を奪回

今回の箱根駅伝で総合優勝に輝いたのが青学大だ。大会記録を7分近くも短縮する10時間45分23秒で2年ぶり5回目の総合優勝を果たした。原晋監督の采配がズバリと的中したが、全日本大学駅伝からの〝急成長〟も話題になっている。 青学大はアディダスと「ユニフォーム契約」をしているチームだ。選手の大半はアディダスのシューズを着用していた(昨年の箱根はナイキが1人で残りの9人はアディダスだった)。昨年11月の全日本大学駅伝は全員がナイキの厚底シューズを履いていた東海大に完敗。1分44秒差をつけられて2位に終わった。  しかし、青学大は全日本大学駅伝にナイキの厚底シューズを〝解禁〟すると、ハーフマラソンや1万mで好タイムを連発。箱根駅伝では、10人全員がズームX ヴェイパーフライ ネクスト%で臨み、東海大から王座を取り戻したのだ。原監督はシューズについて「ノーコメントにさせてください」と多くを語ることはなかったが、シューズの〝威力〟を実感している様子だった。

「厚底」はなぜ速いのか?

ナイキの厚底シューズはもともと2017年5月に行われた『BREAKING2』という非公認レースでマラソンの〝サブ2〟を達成する目的で作られたものだ。反発力のあるカーボンファイバープレートを、航空宇宙産業で使う特殊素材のフォームで挟んでいるため、「厚底」になっている。 ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%の踵部分の厚さは37mm。薄底シューズの3倍近くある。それでいて重量は28㎝で片足約190gと薄底シューズとさほど変わらない。 速さの秘密は硬質なカーボンファイバープレートにある。着地時に前足部がググッと屈曲して、もとのかたちに戻るときに、グンッと前に進む。加えて、プレートを挟んでいる特殊フォーム(ズームXフォーム)にも最大85%のエネルギーリターンがある。そのWの効果が従来にはない「速さ」と「持久力」を実現した。