敬虔とは

(画像:Unsplash

「敬虔な信者」などと使われる「敬虔」は日頃頻繁に使われる言葉ではありません。しかし一度は耳にしたことがある、という人は多く認知度はさほど低くない言葉でもあります。 以下では「敬虔」の読み方や意味について解説します。「敬虔」という言葉を知るために基本的な部分ですので、ぜひ確認して覚えておいてください。

敬虔の読み方は「けいけん」

「敬虔」は「けいけん」と読みます。「敬虔」の「虔」は「けん」の他にも「つつしむ」「ころす」「うばう」とも読む字です。現代では「謙」という字で代用されることが多い字ですが「敬虔」については「謙」は使いません。 「虔」が他の言葉でほとんど使われないため「敬虔」は読み方を知らないと何と読めば良いのかまったくわからない漢字です。この機会に「敬虔」の漢字と読み方を覚えておきましょう。

敬虔の意味は「うやまいつつしむ様子」

「敬虔」とは「うやまいつつしむ様子」という意味です。 「うやまい(敬い)」とは、自分より偉い存在の人や物に向けて自分の心を従わせ、大切にしようとする気持ちを指します。「つつしむ(謹む・慎む)」とは、相手に対して深く敬意を表す、自分の身の程をわきまえるという意味です。 つまり「敬虔」とは誰かや何かに対して深く敬意を持ち、自分の心をその人や物に従わせ大切に思う気持ちのことです。

敬虔の類語・対義語・英語

(画像:Unsplash

「敬虔」には似た意味を持つ類語や、反対の意味を持つ対義語があります。その言葉と繋がりのある言葉を知ることで、言葉の意味を深く理解することにも繋がりますのでこの機会に併せて確認しておいてください。 「敬虔」を表す英語表現についてもご紹介します。英語での日常会話やビジネスシーンでの会話などに役立てましょう。