自衛隊の飛行機整備士の男がLM-1で乗り逃げ

「自衛隊機乗り逃げ事件」(1973)は何の前触れもなく発生しました。6月23日の21時頃突如1機の自衛隊機が宇都宮飛行場から飛び立ちます。 当時ここは自衛隊のパイロット予備軍が使用していた飛行場です。飛び立ったのはアメリカが開発したLM機を改良したLM-1(愛称「はるかぜ」)でした。 隣接する駐屯地ではすぐさま点呼が行われ20歳の飛行機整備士の男がいなくなっていることが判明します。その後1か月にわたり自衛隊に加え海上保安庁や警察の必死の捜索が続けられました。

LM-1の行方はレーダーにもうつらず

当時の宇都宮飛行場は夜間のフライトは稀でした。事件直後の管制塔は閉鎖されていため、離陸直後のLM-1の飛び立った方向は不明です。 加えて事件発生後、管制塔はすぐさま再開されますが不思議なことにレーダーに機体がうつりませんでした。レーダーは各地に設置された拠点から発射される電波に反応することで対象物の位置を確認します。 ただし、陸地や建造物とすれすれの位置での低空飛行を行えばレーダーから逃れることは可能です。しかし高い操縦スキルが必要なのは言うまでもありません。