5千億円規模の融資を無利子・無担保で実施へ

政府は新型コロナウィルスによるさまざまな影響から経済的支援を実施すると発表しました。 特に影響を受けている中小企業向けに、経営の相談ができる窓口を開設し、資金繰りと設備投資、そして経営環境の整備という3本柱で支援を行っていくと発表しました。 5千億円規模の融資を無利子・無担保で実施することも盛り込まれています。

新型コロナウイルスの影響を受けた企業を対象

政府の経済的支援は、新型コロナウィルスで影響を受けた企業が対象で、全都道府県の飲食業や宿泊業など40種類の業種を指定しています。 現在影響を受けている業種の他、今後影響が見込まれる事業者も対象です。申請方法や受けられる支援などについては、経済産業省のHPに掲載し、情報提供を行っています。

新型コロナウイルスの関連倒産がすでに発生

新型コロナウィルスの感染が確認されて以降、外国人観光客の減少や、風評被害によるキャンセルの増加などにより、企業の倒産件数が増加しています。 特に影響を受けているのは、ホテルなどの宿泊業の他、卒業式シーズンの着物のレンタル業なども事業停止に追い込まれています。