1分でわかる三菱樹脂事件

「三菱樹脂事件」とは1963年に発生した民事訴訟事件であり、個人の思想・信条を理由とした採用拒否が違法であるか否かが争われた事件です。 この裁判では、日本国憲法に定められた基本的人権の適用範囲が私人相互間に及ぶのかが争点となり、一審・二審では原告勝訴となります。 ところが最高裁では一審・二審判決が全面的に覆り、日本国憲法の適用範囲については「関節適用説」が採用されることが初めて明確にされ最終的には和解が成立しました。

三菱樹脂事件

  • 従業員採用にあたって憲法解釈まで発展した事件
  • 基本的人権の適用範囲が争われた
  • 最高裁は初めて採用の企業裁量を認めたが両者は和解

【関連記事】他の労働関係記事はこちら

三菱樹脂事件の概要

1963年3月三菱樹脂株式会社に入社した高野達男氏(東北大学法学部卒)は、3か月の試用期間の後に本採用される見込みでした。 ところが、その間に三菱樹脂の調査で60年安保闘争に参加していたことが判明し、本採用を拒否されることとなりますが、これを不服とする高野達男氏は東京地裁に提訴し13年にも及ぶ法廷闘争へと発展するのです。

高野達男が三菱樹脂へ試用期間として採用される

高野達男氏は1963年4月に三菱樹脂株式会社に入社しますが、3か月の試用期間を経て不適格事項がなければ本採用されることが約束されていました。 なお、試用期間とはペーパー試験や面接だけで判断できない人となりを一定期間雇用することで見極めることを目的としており、企業側が本採用する権利を有する制度です。 1963年当時の日本では60年安保闘争にかかる学生運動が激化していたため、企業は活動家の動向に過敏になっていたことから試用期間制度が導入されていました。

高野達男が学生運動に参加していたことが発覚し不採用となった

試用期間における高野氏の仕事ぶりは良好であり、そのことを理由に本採用を拒否されるものではありませんでした。 ところが、三菱樹脂の調査の結果において、高野氏が東北大学時代に60年安保闘争にかかる学生運動に参加していたことが判明したため本採用が見送られたのです。 高野氏は入社時点で活動家ではありませんでしたが、採用にかかる面接時に「学生運動に参加していない」と回答していたことも、三菱樹脂の態度を硬化させた理由だといえます。