1分でわかるモリソン号事件

ニュースの要点

  • 1837年に漂流していた日本人を乗せたイギリスのモリソン号が来航
  • モリソン号をイギリス軍艦だと勘違いして、異国船打払法により砲撃
  • 蛮社の獄・アヘン戦争を経て、江戸幕府は対外政策の方針転換を行う

モリソン号事件の概要

「モリソン号事件」が起こったのは、鎖国政策がとられていた江戸時代後期のことです。「フェートン事件」や「大津浜事件」「宝島事件」といった、外国船来航によって様々な事件が起こっていました。 そのため1825年に江戸幕府は、異国船打払令を発令します。その後に「モリソン号事件」が起こるのです。ここでは「モリソン号事件」の概要について、詳述します。

1837年に起きた事件

「モリソン号事件」は江戸時代後期である、1837年に起こりました。モリソン号はアメリカの船で、江戸幕府に対し通商とキリスト教の普及について交渉するという目的を持っていました。 モリソン号の船長はD・インガソル氏で、アメリカの商社であるオリファント社の依頼で日本に来ていたのです。そのため船は非武装で、日本の浦賀に来航しました。

日本人漂流民を乗せたアメリカ船を砲撃

アメリカ船であるモリソン号には、漂流していた日本人が7名同乗していました。当時は日本船が漁のために外界に出て嵐にあって漂流し、外国船に助けられることが珍しくなかったのです。 しかし浦賀奉公所はモリソン号をイギリス軍艦と勘違いし、砲撃します。退去を余儀なくされたモリソン号は薩摩藩の山川に向かい、交渉に臨みました。 しかし交渉を拒否されたうえ、ここでも砲撃を受けたのです。日本との交渉を諦めたモリソン号は、アメリカに帰航しました。