感染拡大により手術を行える状態にない病院

厚生労働省は今月8日各都道府県に対して不要不急の手術を延期するよう要請を出しています。感染拡大により外科医療の現場でも感染予防の個人防具が不足しており、手術を行える状態にない病院も増え続けています。 病院では患者の疾病進行状況を見ながら限られた医療資源の確保のため、手術トリアージ(治療の優先順位)を柔軟に進めて行くとしています。

前もって予定されていた手術が受けられず

東京や大阪といった都市部は他の地域に比べ感染患者の数が多く、がんなどで前もって予定を入れていた手術が受けられないといった状況になっています。 都内の大学病院では他の医療機関の招待状がないと診察を受け付けないといった措置を取るところもあり、抗がん剤の治療や急な疾患に対応してもらえのかといった不安の声が上がっています。

がん研有明病院では8割の手術が中止に

国内で最も多くのがん手術を行っている「がん研有明病院」で今月19日に看護師が新型コロナに感染していることが判明し、濃厚接触したと見られる医師や看護師などに自宅待機を命じています。そのため20日以降の約8割の手術を中止するとしています。