深川通り魔殺人事件通り魔の無差別殺人事件

通り魔とは、不意に不特定多数の通りすがりの人に危害を加える犯罪者を指し、殺人事件に発展したものが少なくありません。昭和の時代には4つの通り魔殺人事件が起こっていますが、中でも特に注目を集めたのが「深川通り魔殺人事件」です。 深川通り魔殺人事件が注目を集めた背景には、日中の商店街の路上で起きた無差別殺人事件であることも関係しています。今回は、深川通り魔殺人事件について紹介します。

【関連記事】無差別殺人についてはこちら

深川通り魔殺人事件の概要

深川通り魔殺人事件は1981年の6月半ば、買い物客で賑わう商店街で昼前に発生しました。そして児童や主婦に危害を加え、人質をとって無関係の中華料理店に立てこもったのです。 ここでは事件の概要について、詳しく説明します。

覚せい剤を使用していた川俣軍司による犯行

深川通り魔殺人事件を起こしたのは、茨城県鹿島郡出身の川俣軍司です。トラック運転手や寿司職人として働いた経験のある、当時29歳の若者でした。 その日川俣軍司は前日に受けた面接の結果を聞くために、新大橋通にあった電話ボックスから電話をかけました。そして受けた会社から、不採用であると告げられたのです。 川俣軍司はその時、覚せい剤を使用していました。そして失意のまま商店街に足を運び、凶行に及んだのです。

女性や子供を刺した

川俣軍司は、刃渡り22cmの包丁を持参していました。それを突然、商店街の中で取り出します。そして商店街を行き来していた人たちに、その刃を向けたのです。 川俣軍司はまず、交差点付近にいた親子連れに襲い掛かりました。最初に襲われたのはベビーカーに乗っていた1歳の幼児で、走りながら二度腹部を刺しました。それを見て悲鳴を上げ逃げ出そうとした母親の背中にも二度、包丁を突き立てたそうです。