畢竟とは

「畢竟」は大変難しい言葉です。一般の人は書くことはもとより読むことすら難しいのではないでしょうか。ましてやどのような使い方をしたらよいのかわからない人は多いでしょう。 まずは正しい読み方と意味を理解し、言葉のルーツである語源も見ていきましょう。

畢竟の読み方は「ひっきょう」

「畢竟」は「ひっきょう」と読みます。「ひきょう」と読まないように気を付けましょう。二つの漢字はどちらも音読みで読みます。 「畢(ひつ)」は訓読みでは「おわる、ことごとく」と読み、「竟(きょう)」は音読みで「けい」とも読まれ訓読みでは「おわる、つきる、きわめる」などと読みます。 それぞれの漢字の訓読みを理解すれば「畢竟」の意味も何となく見えてきます。

畢竟の意味は「つまり」「究極の」

「畢竟」は名詞として使う場合と副詞として使う場合がありますが、どちらもニュアンスは同じです。名詞として使う場合は「最終」とか「究極」の意味になり、副詞として使う場合は「つまり」「最後に」「挙げ句の果て」という意味になります。 「畢」も「竟」もそれぞれ単独でも「おわる」を意味しますので、「おわる」という意味の同じ漢字が二つ重なってより強調された表現になり、「最終」「つまり」「究極の」といった意味になります。 「畢竟」は難しい言葉であるため実際に使うとなる戸惑います。記事の後半で応用できる例文をのせますので参考にしてください。

畢竟の語源はサンスクリット語の「atyanta」の訳

「畢竟」の語源はサンスクリット語の「atyanta」です。サンスクリット語の「atyanta」が漢字に訳されて「畢竟」になったのです。 サンスクリット語は古代インドで使われた言語でヒンドゥー教や仏教の礼拝用の言語として使われました。 「畢竟」はまず仏教用語として使われ、それが一般的にも使われるようになった言葉です。親鸞(しんらん)の残した教えの中にも「畢竟」を使った言葉があります。