人間関係によって孤立していない?

(画像:Unsplash

孤立している人とは何となく輪に入れない、飲み会や食事には誘われない、仕事中に意見や発言をしても反応されないなどの状況にいる人です。 つまり上司部下同僚関わらず人間関係がうまく構築できないことによって、意見交換がしづらい状況であったり、何となく避けられているような状況になっていたりする人は孤立している状態と言えます。 どんな職場であっても一人か二人くらいはこういった状況になっている人はいるものです。

職場で孤立する人の特徴

(画像:Unsplash

職場で孤立してしまう人というのはどういった人でしょう。その特徴をいくつか紹介します。 もしかするとあなたの周りにいる人や、あなた自身に当てはまる項目もあるかもしれません。必ず孤立する条件、というわけではありませんがこれから紹介する特徴に多く当てはまった場合は、孤立しないように少し注意が必要です。

特徴①コミュニケーション能力が低い

人と気軽に話すことが苦手、声をかけられてもうまく反応ができないなど、コミュニケーションに自信がなく周りの人が会話していてもそこへ参加せず避けてしまうような人です。 その人たちの心理は自分が会話に入ることで変な空気になったり、会話が終わってしまうかもしれないとマイナス思考になっている場合が多いです。その為、そのリスクを背負うくらいならと輪に入ることを自分から避けてしまい、だんだん孤立していってしまいます。

特徴②態度を相手によって変える・感情を露骨に出す

上司や仕事ができる人、権力がある人、周りから一目置かれている人にはとても明るく笑顔で接し、そうではない人や部下に対しては明らかに態度を変えるような人です。 こういった人は上下関係を大切にしていて、自分より上の立場か下の立場か、周りからの信頼度が高いかなどでその人の価値を判断してしまい態度に出してしまいがちです。しかし意外とその判断は周囲は見ていて、その行動は信頼性が低いと感じられ周囲は距離を置いてしまいます。