ゆとり世代後期生まれの世代を指す

さとり世代とは、1987年4月2日~2004年4月1日に生まれた人たちを指します。インドアでマイペース。お金やモノに欲がないことなどから、人生をさとっているとされ、さとり世代と呼ばれます。 さとり世代は、1991年~1993年に起きたバブル崩壊や、1995年の阪神淡路大震災、そして日本経済にも大きな打撃を与えたリーマンショックなど経済を揺るがす大きな出来事を体験しています。これらの出来事から合理的な生活を求めるという特徴があります。

2013年の新語・流行語大賞にノミネート

2000年以降ITが普及していき、インターネットの掲示板から、このさとり世代は広まっていきます。 人生をまるでさとっているかのような生き方をすることから、さとり世代と呼ばれ、2013年には、新語・流行語大賞にノミネートされるほど、注目度が高まりました。2013年に年間大賞を受賞したのは、下記の4つになります これらの受賞語を見ると、さとり世代の時代背景をイメージすることができます。

2013年新語・流行語大賞授賞語

  • 今でしょ!
  • お・も・て・な・し
  • じぇじぇじぇ
  • 倍返し

「ゆとり世代」との違い

ゆとり世代は、1980年頃から2004年前後の世代で、さとり世代(1987年度~2004年度)より少し前を含みます。 ほとんど世代が一緒ですが、ゆとり世代との大きな違いはありません。しかし、さとり世代の人たちは、経済の変化を見て育ったことから、物事をシビアに見るという特徴があります。