リスクマネジメントとは

(画像:Unsplash

リスクマネジメントという言葉は、ビジネスシーンでよく耳にします。 ここでは危機管理やリスクアセスメントなど、リスクマネジメントとよく似た言葉とのニュアンスの違いについても解説をします。 リスクマネジメントの意味を正しく理解し、自信を持って使えるようになりましょう。

リスクマネジメントの意味は「リスクを未然に防ぐ」

リスクマネジメントの意味は、「リスクを未然に防ぐ」です。 リスクとは英語で「危険」、マネジメントとは英語で「管理」という意味です。リスクを適切に管理し、望まぬ事態が発生することを防ぐのがリスクマネジメントと覚えておきましょう。

リスクマネジメントと危機管理の違い

リスクマネジメントとよく似た言葉に、危機管理という言葉があります。一見リスクマネジメントを日本語に直訳しただけなので、同じ意味だと誤解してしまいがちです。 しかし、未然にリスクを防ぐのがリスクマネジメントであるのに対し、危機管理は実際に危機に陥った状況でどのように対処するかを表します。 災害時のマニュアルを整備すること、ハッキングされた場合の対処法を検討することなどが危機管理にあたります。

リスクマネジメントとリスクアセスメントの違い

リスクアセスメントという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。リスクアセスメントは、事業や営業活動、業務においてどのようなリスクがあるのか、調査して洗い出すことをいいます。 リスクアセスメントには、リスクを未然に防ぐための具体的な行動や対応は含まれていません。リスクマネジメントの中でも、調査の部分にだけスポットをあてて切り取った言葉がリスクアセスメントです。