沖縄・首里城が火災。正殿などが全焼。火災にあった首里城とは?

経済

2019年10月31日

2019年10月31日、沖縄県にある世界遺産「首里城」で火災が発生しました。火は約11時間燃え続け、正殿などの「首里城」の主要な建物はすべて焼け落ちたということです。日本政府と沖縄県は同日中に「首里城」火災に言及し、復元に向けて取り組むことを表明しました。

深夜から31日午前中にかけて火災が発生

「首里城」の火災は10月31日午前2時ごろに発生しました。消火作業は夜通し続けられて、約11時間後の31日午後1時まで行われました。 建物の周囲には放水設備が設置されていましたが、建物内部には消火装置がなかったことから延焼したようです。正殿を含めた「首里城」の敷地のべ4800平方メートルが焼失しました。

正殿から出火か

詳しい出火原因は警察と消防が共同で調査していますが、31日午後の段階では火災の出火元は正殿とされています。31日午前2時40分ごろに火災報知器の作動が検知され、消防に正殿で火災が起きているという119番通報がありました。 正殿は「首里城」のシンボルとなっている木造3階建ての赤色の建物です。付近では10月27日から11月3日まで「首里城祭」が開催されており、31日未明にも準備が行われていたとされています。

けが人はなし

火災の被害に遭ったのは「首里城」の正殿、北殿、南殿など7棟です。那覇市消防局は消防車両53台、消防関係者171名を動員して消火作業に当たりました。 「首里城」の敷地約4800平方メートルが燃える大規模火災となりました。付近の住民は直後に避難誘導されており、消火作業をしていた1人が熱中症に似た症状で病院へ搬送されたことを除けば、けが人は出ていません。

首里城

首里城

「首里城(別名スイグスク、ウグシクなど)」は沖縄県那覇市にある城跡の復元建造物です。建物は火災や戦災で何度か焼失しており、現存していません。「首里城」は城の跡地として日本の史跡や世界遺産として登録されています。 以下で「首里城」にまつわる情報をご紹介していきます。

1/3

続きを読む

関連記事