小池百合子都知事がロックダウンの可能性を示唆

小池百合子東京都知事は、3/27(金)に新型コロナウィルスに関する対策本部を開き、今後、オーバーシュート(爆発的患者の急増)に対して重大な岐路に立っていると危機感を表明しました。 また、前例がないロックダウン(都市封鎖)の可能性を示唆し、そうならないための対処として3/28(土)と3/29(日)の週末にかけて外出を自粛するように呼びかけました。

地方への帰省を早める若者も

小池百合子東京都知事の会見を受け、地方への帰省を早める若者も増加しました。そのため、高速バスの発着所となる新宿のバスターミナルでは、夜行の高速バスに乗り込む若者の姿が多く見られました。 首都が封鎖されるロックダウンの可能性を見越しての対応ですが、先の見えない自粛に不安を感じる人が多いことが分かります。

このタイミングでの帰省は危険か?

日々状況が変わる中で、買い占めやデマの拡散など不安が増していますが、このタイミングでの帰省は逆に危険なのではないかという声も上がっています。 どのような点に注意しなければいけないのでしょうか。