サンクコストとは?サンクコスト効果やコンコルド効果やその具体例など解説します!

経済

2019年5月19日

「サンクコスト」という言葉を聞いたことがありますか。「サンクコスト」はビジネスシーンでは比較的頻繁に聞かれる言葉です。今回ビジキャリでは「サンクコスト」の意味や別名、英語表現などについて解説します。具体的な「サンクコスト」の例や、「サンクコスト」と心理学の関係などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

サンクコストとは

サンクコスト

「サンクコスト」という言葉を聞いたことがあるけれど、具体的にはどういったものであるかわからないという人も多いでしょう。 「サンクコスト」は経済的な意味を持っていますが、生活の中にも関わるものでもあります。ここでは「サンクコスト」がどのようなものであるのかを詳しく紹介していきます。

サンクコストの意味は「回収不可の投資費用」

「サンクコスト」とは「回収不可の投資費用」という意味です。 それまでにいくら多大なお金や労力、時間をかけたとしても、自分のところにリターンがないというのが「サンクコスト」です。すでに手放してしまった以上、その費用は自分の意思ではどうすることもできません。 自分が願ったことによって取り戻すことは決してできないため、「サンクコスト」に関しては経営する上で引きずるべきではないと言えます。

サンクコストは別名「埋没費用」

「サンクコスト」は別名「埋没費用」とも呼ばれています。 「埋没費用」も「サンクコスト」と同様に、自分の意思に関わらず取り戻せないコストのことを指します。資金や労力、手間といったものをかければかけるほど「埋没費用」は膨らんでいきます。 「埋没費用」と「サンクコスト」は同じことを指していますので、どちらの言い方も覚えておいてください。

サンクコストは英語では「sunk cost」

「サンクコスト」は英語で「sunk cost」と言います。 「sunk cost」は「サンクコスト」だけではなく、「埋没費用」という意味も含んでいます。「埋没費用」という言葉を表したい場合は「サンクコスト」をあらわす「sunk cost」を使いましょう。 「sunk」は「sink」の過去形で「沈む」という意味です。そのため「sunk cost」は「沈んでしまった(取り戻せない)費用」という意味を持っているということになります。

サンクコストの例

サンクコスト

「サンクコスト」の意味を聞いただけでは、具体的にどういったものなのかイメージがわかないという人も多いでしょう。 そこで、以下では具体例を挙げて「サンクコスト」を紹介していきます。例文の背景と一緒に「サンクコスト」という言葉をイメージとして覚えておくと良いでしょう。

1/4

続きを読む

関連記事